大企業連携アクセラレートプログラム

HINODE

挑戦する起業家に大企業連携のサポートで圧倒的な加速を!

サポートチーム

株式会社ウィルグループ

株式会社ウィルグループ

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社

株式会社博報堂

株式会社博報堂

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMES

株式会社プルータス・コンサルティング

株式会社プルータス・コンサルティング

参加メリット

ネットワークの利用
ウィルグループ、サポートチームの大企業及びTech in Asiaの豊富なメンターネットワークを利用でき、ビジネスのブラッシュアップ、立ち上げを支援します。
賞金10万円
アクセラレーター採択賞として、本プログラムに参加される事を条件に賞金を贈ります。5社程度を予定しています。
事業提携、マッチング
ウィルグループ及び大企業との事業提携・連携ができるようプログラムされています。
出資
プログラム中に一定の要件を満たした参加企業に対し、出資を検討。※出資はお約束するものではありません。

WILL GROUP ACCELERATOR

プログラム概要

ウィルグループが行うアクセラレータープログラム

『HINODE(ヒノデ)』

起業家 × WILL―挑戦する起業家に大企業連携のサポートで圧倒的な加速を!―

本プログラムではウィルグループだけでなく多くの大企業新規事業セクションの協力によりベンチャー企業が不足するリソースを提供し、起業家が目指したい世界の実現をお手伝いします。

プログラムでは具体的な業務のサポートだけでなく、大企業やVCのファンド等と連携をした投資の可能性もあります。本アクセラレーターで業務サポートと資金援助を受けて世界を変える挑戦をしよう。 プログラム卒業時のDemodayは国内外の投資家が集まるTech in Asia Tokyo 2017内で行い、同時にブース出展も可能となります。

ウィルグループとは

個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェントグループになるというミッションのもと

  • Work(働く)
  • Interesting(遊ぶ)
  • Learning(学ぶ)
  • Life(暮らす)

の領域で新規事業に挑戦する東証1部上場企業。

CVCのウィルグループインキュベートファンドも運営し、イノベーションを起こそうとする有望ベンチャーへの投資も行う。

Tech in Asiaとは

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するテック系メディア。毎年アジア最大級とされるテック・カンファレンスをシンガポール・バンガロール・東京・ジャカルタの4都市にて開催。シンガポール本社を2011年に設立(日本事務局は2014年)。 シリコンバレーのアクセラレータのY Combinator出身企業でもある。インターネット・コミュニティのみならず、アジアの発展に貢献することを目指している。

スケジュール

募集期間

2017年2月15日(水)~ 2017年4月16日(日)
24:00まで

本ホームページよりお申込下さい。事務局にて、書類選考を実施します。 書類審査を通過された方にはビジネスプラン発表会にご参加頂きます。

ご応募はこちら

ビジネスプラン
発表会開催

2017年5月12日(金)

書類選考を通過された企業様には、大企業サポートチームを前に、ご自身のビジネスプランを発表して頂き、採択企業を決定します。

プログラム
支援期間

2017年6月〜8月

プログラムに参加するチームに6月~8月の3か月間、メンタリングを行い、事業のブラッシュアップを図ります。本プログラムのメンター陣にも支援頂きます。

DemoDay

2017年9月27日(水)28日(木)

Tech in Asia Tokyoカンファレンス内。アクセラレーターの成果発表デモデーはTech in Asia2017カンファレンス 内で開催致します。アジア中から集まった投資家、事業会社に向け発表を行います。

募集要項

プログラムの対象事業領域
事業領域問いません。(各々の領域でイノベーションを起こそうとされている方のビジネスプランを募集します)
募集企業・参加者の条件
  • 既存ビジネスにイノベーションを起こそうと考えられている起業家
  • 設立 3 年以内のベンチャー企業(設立後 3 年を経過していても応募は可能です)
  • 現段階で起業していない個人の方も歓迎(プログラム採択後に法人登記を行っていただくことが前提となります)
  • 年齢、国籍不問、学生でも参加可
  • プログラム期間中に、サービスまたはプロダクトのプロトタイプ等を作成する能力があること(外部のリソースを活用しても構いません)
  • 期間中に代表者がプログラムに参加できること
  • 9月のDemodayに参加できること
  • 説明会への参加は必須ではありません

その他、プログラムに関する問い合わせは、
incubation@willgroup.co.jp
まで。

セミナー

オンライン説明会開催予定

メンター

株式会社ウィルグループ

株式会社ウィルグループ

代表取締役会長 兼 CEO
池田 良介 氏

KLab Venture Partners株式会社

KLab Venture Partners株式会社

代表取締役社長兼代表パートナー
長野 泰和 氏

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

エバンジェリスト
中井 勘介 氏

新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人

企業成長サポートセンター IPO グループ統括
加藤 慶 氏

Tech in Asia

Tech in Asia

Director of Content Strategy
David Corbin 氏

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

事業戦略部
坂口 裕志 氏

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社

デベロッパーエバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリスト
増渕 大輔 氏

株式会社博報堂

株式会社博報堂

テクノロジープロデューサー
野田 耕平 氏

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMES

マーケティング本部
江口 学 氏

フラー株式会社

フラー株式会社

代表取締役CEO
渋谷 修太 氏

株式会社プルータス・コンサルティング

株式会社プルータス・コンサルティング

エグゼティブ・ダイレクター
中川 卓也 氏

株式会社リコー

株式会社リコー

新規事業開発本部オープンイノベーション推進室
副事業プロデューサー
澤田 智裕 氏

サポートチーム

株式会社ウィルグループ

株式会社ウィルグループ

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

株式会社構造計画研究所(SendGrid)

新日本有限責任監査法人

新日本有限責任監査法人

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社

株式会社博報堂

株式会社博報堂

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMES

株式会社プルータス・コンサルティング

株式会社プルータス・コンサルティング

FAQ

参加条件

すでにサービススタートしていても大丈夫か。
サービスをすでにスタートしていても問題ございません。
すでに他社から投資を受けていても大丈夫か。
またすでに出資を受けている場合も参加可能ですが、事前に投資家への報告をお願いいたします。

出資について

出資は約束されていますか。
プログラム参加企業への出資は約束されたものではありませんが、積極的に検討させていただきます。なお、出資を検討するにあたり、業績計画、資本政策資料、登記簿謄本等の提出をお願いすることがあります。
ウィルグループ以外の出資も可能ですか。
プログラム終期のデモデイにより投資家とのコミュニケーションの場を用意し、紹介もさせていただくことも検討しております。

その他

交通費等はでますでしょうか。
プログラム期間中の交通費、及び開発にかかる費用は、参加者の自己負担となります。
オフィスはございますでしょうか。
オフィスはご用意しておりません。オフィスが現在ない方は個別に相談させていただきます。
プログラムについて他に聞きたいことがあります。
お気軽にincubation@willgroup.co.jpまでお問合わせください。必要に応じて対面で対応することも可能です。